気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手細川たかしのプロフィール。結婚してる?年齢・弟子は?「北酒場」の誕生秘話や評判は?

出典:[amazon]細川たかし ベスト PBB-89

スポンサーリンク

演歌界の重鎮と呼ばれても過言では無い、演歌歌手の細川たかしさんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 細川たかし(本名 細川孝志)
  • 民謡時の芸名 三橋 美智貴
  • 生年月日 1950年6月15日
  • 出身地 北海道 虻田郡真狩村
  • カテゴリー 演歌歌手、民謡名取り
  • 所属レコード会社 日本コロムビア
  • 所属事務所 細川たかし事務所
  • 活動開始 1975年

プロフィール。結婚してる?年齢・弟子は?「北酒場」の誕生秘話や評判は?

歌手を志したきっかけは、中学時代に井沢八郎の『北海の満月』を聞いて歌手への憧れを強めました。その後、憧れは収まらず地元の北海道で歌手として活動をしており、北海道の森進一と呼ばれていました。

ブレイクするためには東京のプロダクションが良いという事で、メジャーデビューに向けて動き出していきます。また、上京する前の北海道時代に後に妻となる和子さんと出会っており一年で売れなければ北海道に戻ってくると約束して上京しました。

1975年4月1日に心のこりでデビューしました。作詞はなかにし礼、作曲、中村泰士。日本レコード大賞新人賞を受賞して、80万枚の大ヒットを記録し順風満帆な歌手活動を展開しました。しかしながら、この後暫くヒットが出ることはなく低迷期を体験することになります。

デビューから7年後、北酒場が大当たりして演歌歌手として息を吹き返しました。まあ、この頃丁度バラエティー番組にも出演しており、その中で北酒場を歌う機会が多く上手いことすり込まれヒットに結び付いたのでは無いかと言われています。

持ち前の明るさもあり、バラエティーも歌番組にも対応できる身軽さもあり大衆から支持を得ることになります。その後も『浪花節だよ人生は』、『矢切の渡し』等のヒット曲を持つ演歌歌手となりました。

また、一時黒い交際や怪しいグループのコンサートに出演するなどあり、表舞台からも遠ざかりました。この件で紅白歌合戦出場を辞退するなど歌手としてかなり拙い状況に追い込まれそうになった事もありました。

スポンサーリンク

近年のリリース状況は、2019年5月に新曲『冬嵐』をリリースしその他令和ツインパック、10月に全曲集をリリースしました。結婚しているかについては冒頭にも触れた和子夫人と結婚しましたが、夫人は2018年に他界しました。

2019年現在で、年齢は69才です。まあ見た目は相当若いので年齢は不詳だと言えますよね。民謡もやっていたので声をお腹から出す腹式呼吸が身についているのかもしれませんね。

続いては弟子について書いていきます。先日、大関高安と結婚した杜このみさんと彩青さんの二名でいずれも細川たかし事務所に所属しており、長期間修業を重ねてデビューさせた二人です。

長期間修業をさせてデビューさせることが有名です。理由としては直ぐにデビューさせて持たないなら、長期間修業させてしっかりと作り上げる方が良いからと言うのが理由です。

杜このみさんも歌唱力はありますし、美形なので今後ブレイクしそうな気はします。

彩青さんも11才から修業しており、こちらも長期間修業を積み重ねたことが解ります。まだデビューしたばかりですが、今後の活躍が楽しみではあります。

続いては細川たかしさんの楽曲『北酒場』について書いて行きます。

細川たかしさんにとっては18枚目のシングルであり、ブレイクのきっかけとなった1枚です。演歌とポップスの中間のような曲でテンポも速いので耳馴染みしやすい楽曲でもありました。

また、上記にも書いた理由でブレイクしました。この曲で市民権を得て名実ともに有名な演歌歌手となりました。続いてはインターネット上から細川たかしさんの評判をインターネット上から拾って見ました。(Twitterより以下引用)

歌好き6年生になりました(お母さんが管理中)

@atqkpgdjxu

11月11日

昨日は数年ぶりの鷹巣!

数年ぶりに会う #カスクドール の店主。店内の片隅にDJブース。息子は初めて聴くレコードの音やターンテーブルに興味津々。

 

数あるレコードの中から細川たかしさんの望郷民謡アルバムを流してくれる粋な計らい✨レコードで聴く津軽じょんがら節、かっこ良かった💞

小さい子供から大人までファンがいるというのはやはり長年において様々なメディアで活動してきたと言う事の証ですね。

まとめ

今後の歌手活動がますます楽しみですね。

👉〔amazon〕細川たかしのCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)