気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手大原かずみのプロフィール。結婚してる?コンサートは?「夜明けの旅路」の誕生秘話は?

出典:[amazon]夜明けの旅路

スポンサーリンク

演歌歌手の大原かずみさんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 大原かずみ
  • 生年月日 1月19日
  • 出身地 熊本県 熊本市
  • カテゴリー 演歌歌手
  • 所属レコード会社 徳間ジャパン

プロフィール。結婚してる?コンサートは?「夜明けの旅路」の誕生秘話は?

1995年の11月にセンチュリーレコードより「偽り酒」・「恋情花」でデビューしました。どの様な経緯で演歌歌手になったか否かは不明です。しかしながら、ブレイクに結び付くことはありませんでした。

この時の芸名は志麻一美でした。その後、2010年11月に平川かずみという芸名に改名を果たし、再び活動を継続していきました。改名を重ねながらも他人のコンサートに参加し1ヶ月間のステージを勤めた経験もありますし、単独でコンサートを行ったことがあります。

そして現在の芸名大原かずみに落ち着き歌手活動を継続しています。リリース状況については2017年に発売し後に触れる「夜明けの旅路」が最後のリリースとなっています。

レコード会社の移籍も繰り返しており歌手活動はかなり苦労の連続だと思います。相当な苦労を重ねていると思います。

結婚については、しているのか?していないのかは解りませんでした。今後ブレイクするとその辺の素性が明らかになる可能性がありますが、現時点では状況が解りませんでした。今後の活躍を期待しましょう。

コンサートに関しては以下の日程が今のところ発表されています。(URL;http://www.ohara-kazumi.com/schedule/

東大阪フェスティバル

東大阪市御厨南2丁目551-1

近鉄奈良線八戸ノ里駅 北約200m

日時:2020年4月19日(日)

場所:東大阪市文化創造館

開場:10:00  開演:10:30

前売り券2,500円 当日券3,000円

全席自由席

スポンサーリンク

京都八幡歌謡フェスティバル

日時:2020年6月7日(日)

場所:八幡文化センター

開場:9:30  開演:10:00

出演者:三門忠司・谷口修三・セーリング・大原かずみ

一部:一般カラオケ 二部:歌謡ショー

前売り券:S席指定席3,500円 A席指定席3,000円

B席自由席2,000  ※当日全席プラス500円

 

まだ令和二年二〇二〇年が始まったばかりでかなり先の日程だなというイメージかもしれませんが、イベントがあると意外と早く月日は過ぎる物です。イベントを楽しみに待つことにしましょう。

続いては大原かずみさんの楽曲「夜明けの旅路」について書いて行きます。発売は二〇一七年1月18日、作詞 志賀大介、作曲 宮下健治 編曲 前田俊明で作られました。イントロから演歌だと一発で解る粘り気のあるアルトサックスが唸りを上げます。

直感では別れ歌なのか?と考えましたが、歌の内容は人生の応援歌に仕上がっています。人生の中では駄目なとこもある、心惹かれる誰かに出会う事もある、そんな事を積み重ねて生きて行くんだよというタイプの応援歌です。

恋愛の匂いがするからド演歌の方向性で制作が進んでいったんだろうと感じてしまいますね。まあまっすぐな人生の応援歌というのなら和太鼓や合いの手を入れて、エレキギターが軽快にソロを弾くような楽曲で良いわけですが、あえて目線を変える方向に向けて作ったのかと推察できます。

まあ、演歌は聴く人の心に訴える事を命題としている部分もがあり、比較的忍ぶ恋つまり不倫や夫婦歌が多く制作されています。まあ、人生を考えさせられるような出来事が起こると急に演歌の歌詞が染みるようになったりします。

これは、年を取ったわけではなくて人生に対する考え方のバリエーションが広がって許容範囲が広がった事によって、こころが求める物では無いかと考えています。

まとめ

色々な角度から大原かずみさんを掘り下げてきましたが、色々と苦労を積み重ねており、売れていない時期が長い演歌歌手だという感じです。また、芸名も3回変えておりどうにかして成功したいという意思は伝わってきますね。

今後も歌い続けて行くことになるし、いつの日かヒット曲と出逢って欲しい物です。

👉〔amazon〕大原かずみのCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)