気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手大石まどかのプロフィール。結婚してる?身長は?スケジュール、性格や歌手としての評判など。

出典:〔amazon〕愛しの函館

スポンサーリンク

地元やご当地に絡んだ曲をリリースして、何とか活路を見いだそうとしている演歌歌手の大石まどかさんを色々な角度から掘り下げていきます。デビュー当時は演歌アイドル略して演ドルと呼ばれて演歌の裾野を広げようと尽力していました。

プロフィール

  • 芸名 大石まどか (本名 大石円)
  • 生年月日 1972年9月8日
  • 出身地 北海道 函館市
  • 活動開始 1992年
  • 所属事務所 サンミュージック
  • 所属レコード会社 東芝EMI→日本コロムビア
  • カテゴリー 演歌歌手

プロフィール。結婚してる?身長は?スケジュール、性格や歌手としての評判など。

幼い頃から民謡の師範もしている父親に歌を習い、歌手以外の仕事に就くことを反対していたという変わり種の父親に育てられました。通常であれば娘の芸能界入りを反対するはずが、歌手以外の仕事に就くことは許さないという断固たる姿勢に少し驚きを覚えました。

高校まで地元の函館で過ごし、現在の所属事務所サンミュージックのオーディションに合格して、芸能界デビューが決まりました。デビュー年が1992年という事で当時の芸能界ではアイドルというジャンルは下火状態にあり、デビューしても色々なことが出来るアイドルがもてはやされており、特にソロアイドルには厳しい時代でした。普通に演歌歌手だとしても売れないので、演歌アイドル=演ドルとして売り出すことが戦略として決められたようで、若手アイドルが出演するような深夜番組にも出演していました。

インターネット検索をすると、グラビアもあるみたいなのですがそちらの画像は見当たりませんでした。さて、演歌歌手の仕事に話を戻しますと1992年2月26日に『恋のしのび雨』をリリースしました。

作詞、石原まさを 作曲船村徹で制作されましたが、これと言った賞も獲得した訳では無さそうです。それでもその後1年に一枚ペースで新曲をリリースすることが出来ています。また、昨年に新曲『愛しの函館』をリリースしました。

続いては少しプライベートに触れると、大石まどかさんが結婚しているかについてです。実は2008年八鍬大介さんと結婚しました。当時は一般人と言うことでしたが証券会社勤務という事は明らかになっていました。

スポンサーリンク

しかし、10年間で結婚生活に終止符を打ち離婚されました。今後は演歌歌手として仕事に邁進していくことになると思います。歌に深みが出る出来事だったと思います。離婚というとマイナスイメージもありますが演歌歌手にとってはプラスに働くと思います。

続いて大石まどかさんの身長について調べてみました。インターネット検索を掛けてみると160㎝と判明しました。意外と小さいというイメージがあります。これはプロフィールなので実際はどうなのか解りません。

さて、今後のスケジュールですが直近で決まっている物は所属レコード会社の日本コロムビアのマンスリー歌謡ライブに出演する予定が入っています。今年も色々なスケジュールが今後も追加される可能性があります。

スケジュールは以下の通りです。(URL: https://columbia.jp/artist-info/madoka/live/より引用)

第60回コロムビア マンスリー歌謡ライブ 2019/06/19(水)

古賀政男音楽博物館 けやきホール(東京・代々木上原) 開場13:00 開演13:30

第60回出演:北見恭子、大石まどか、小沢あきこ、村木弾、門松みゆき

チケットぴあにて発売中!お求めはお近くのセブンイレブンへ!

料金:税込・全席指定 ¥3,000

Pコード:140-301

TEL:0570-02-9999

※出演者は予告なく変更する場合がございますので、予めご了承ください。

★コロムビア マンスリー歌謡ライブ

https://columbia.jp/monthlykayo/

今のところこのスケジュールしかありませんが、色々なスケジュールが入り忙しくなる可能性がありますね。続いては性格や評判について書いて行きます。インターネットで検索をするとポジティブな性格と言うことなのである程度のことなら受け流しプラスに変える感じがあるようです。

続いては評判をインターネット上から拾ってみましたが、プロモーションツイートばかりでファンの生の声のような物はありませんでした。ファン層がSNSにあまり触れていないのかもしれません。

まとめ

大石まどかさんを色々な角度から掘り下げてみましたが、今後色々と面白くなりそうな予感がありますよね。

👉〔amazon〕大石まどかのCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)