気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手真咲よう子のプロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

出典:真咲よう子 ベスト12

スポンサーリンク

演歌歌手の真咲よう子さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 真咲よう子(本名 紅谷洋子)
  • 生年月日 1957年9月8日
  • 出身地 愛知県 名古屋市
  • 活動開始 1973年
  • カテゴリー 演歌歌手、アイドル
  • 所属レコード会社 日本クラウン
  • 所属事務所 クラウンミュージック

プロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

デビュー当初から演歌歌手としてキャリアをスタートさせたわけではありません。芸能生活のスタートは、アイドル歌手としてスタートしています。芸名も本名でもある紅谷洋子名義で活動をしていました。

因みに卒業した高校は、在学時から芸能活動を許してくれる王道堀越学園高校を卒業しています。同時に卒業した人は、サッカー解説者の松木安太郎氏。現在広島県を拠点に芸能活動を続けているイルカに乗った少年でお馴染みの城みちるさんがいます。

芸能界デビューは1973年、因みに同期の芸能人を探してみました。アンパンマンの声優や女優としての活動を続ける戸田恵子さんや、あべ静江さん、今や芸能界を引退して伝説の歌手となっている山口百恵さん、現在も女優として活動を続ける竹下景子さん等がいます。 正直言うと、芸能人として強敵が並んでいますね。

さて、真咲よう子さんの歌手活動に話を戻しますと、アイドルとしてデビューは果たした物のポップスと演歌の中間どころのような楽曲リリースが続き思った以上に上手くいきませんでした。 アイドル当時にデビューしたレコード会社は、ビクターレコードでした。

いしだあゆみさんのような歌手を狙って戦略を立てましたが、世間に受入れて貰う事はなく路線変更を余儀なくされました。 その後路線変更を図るべく、ベテラン演歌歌手の三波春夫さんの前座歌手を2年間務め、その後現在の芸名である真咲よう子に改名し歌手活動をスタートさせました。

スポンサーリンク

その後レコード会社も日本クラウンに移籍を図り演歌路線で勝負に出ました。 結果として成功しています。現在も歌手活動を続けることが出来ているので、真咲よう子さんには合っていたようで毎年シングルリリースすることが出来ています。

真咲よう子さん名義で楽曲をリリースする傍ら、デュエットソングもリリースしています。 最新シングルは、2018年12月19日に『恋つばめ』をリリースしています。今年、2019年はまだ新曲リリースの情報は発表されていません。

年齢については2019年現在61歳で、芸歴を結構重ねているイメージがあります。レコード会社等のホームページを見る限り、綺麗な人を想像していましたが、他の画像を参照すると年齢が滲み出ている感じはあります。相応な画像修正が図られていることがわかりますね。

結婚については調べましたが、詳細情報はありませんでした。今後何処かでその辺の情報がオープンにされる可能性はありますが、現時点では結婚しているか否かについてはわかりません。

コンサートについては6月分のスケジュールにはイベントやライブは入っていましたが、7月以降のスケジュールは所属事務所のホームページを確認しましたが、スケジュールの発表はされていません。 歌手としての評価をインターネット上から拾って見ました。(以下Twitterより引用)

水野誠志朗‏ @daysmizuno 2018年7月14日 その他 中区正木といえば真咲よう子w 元気な四代目ががんばっていらっしゃる一八正木店できしころ定食@きしころスタンプラリー。一八らしい麺に色がつく汁は、大好きw 揚げ物はパリパリ、そしてきしめんサラダ。名古屋の伝統食かと。数を減らす一八ですが、こちらは大丈夫そうです。  

ファンの人は出身地もちゃんと解ってツイートしているんですね。今後も増えていく可能性もありますね。

まとめ

キャリアのスタートがアイドル歌手でしたがあまり上手くいかずに芸能活動の面では紆余曲折があった感じがありますね。今は演歌というジャンルで歌手活動を続けています。今後も頑張って欲しい演歌歌手の一人です。

〔amazon〕真咲よう子のCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)