気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手一塁あや乃のプロフィール。年齢や事務所は?スケジュールや歌手としての評判は?

出典:[amazon]夜明けのバス

スポンサーリンク

デビューしたばかりの一塁あや乃さんを色々な角度から掘り下げます。

プロフィール

  • 氏名 一塁あや乃
  • 生年月日 1月13日
  • 出身地 山梨県 大月市
  • カテゴリー 演歌歌手
  • 活動開始 2019年
  • 所属レコード会社 徳間ジャパン
  • 所属事務所 歌研工房

プロフィール。年齢や事務所は?スケジュールや歌手としての評判は?

2007年に芸能人の登竜門、堀越学園高等学校を卒業し、その後2010年に東京スクールオブミュージック専門学校 ゴスペル研究課程卒業しました。その間地元大月市の観光応援ソング「ふる里の景色」等を歌唱していました。

参考URL:https://goodwave.jp/sinzin.html

演歌歌手として活動を開始したのは、2019年11月『夜明けのバス』で歌手デビューを果たしました。この他、日本舞踊を特技としています。どの程度の腕前かというと、花柳流名取~花柳寿太月ということなので、弟子を取って教える事も出来ます。

年齢については、プロフィールでは非公表。2007年に高校卒業と言うことなので、年齢は27歳か28歳という事になります。現在の年齢は30歳から31歳だと考えられます。

もっと若手の演歌歌手かと考えていましたが、意外と年齢を重ねていると言っても過言では無いと考えました。続いて所属事務所は、㈱歌研工房で他に所属している演歌歌手は西川ひとみさんなどが所属している事務所です。

スケジュールについては、新曲リリースキャンペーンが一段落したため、新しい物は発表されていません。今後デビュー曲の反応次第で色々な展開が生まれそうですが、今のところそういったことは無いようです。

スポンサーリンク

続いては歌手としての評判をインターネット上から拾って見ましたが、しかしながらあまりTwitter上では盛り上がっていないようです。正直言ってプロモーション不足は否めない状況ではあります。

まとめ

まだ、活動を始めたばかりなのは仕方が無いにしてももう少し売るぞみたいな勢いがあると良いですね。Twitterで一塁あや乃の名前を入れて検索しましたが、ツイートがひとつしかありませんでした。

もう少し事務所やレコード会社が本気で売る気があるのならデビュー時なんてもっと大々的なプロモーションが行われても良い感じです。しかし、それもないと言うことなのでデビュー曲をリリースし様子を見ているのかという感じがあります。

最近は演歌歌手になる方法も沢山出てきたなと感じるばかりです。昔は弟子入りして修業してデビューというパターンが当り前でしたが、最近ではカラオケ大会などに出場してレコード会社にスカウトを受けてデビューを飾るというケースも増えてきました。

まあ、演歌のベテラン作家が数少なくなってきているため弟子を抱えても面倒を見ることが難しくなっているという事が確かかもしれません。そのため演歌歌手になるにしてもなるだけならあまり苦労をしなくとも済むようになった気がします。

また、カラオケなども日常に上手く溶け込んで市民権を得たため、歌手としてのスキルの基本ベースが高いと言えます。それだけプロとアマチュアの境目が曖昧になったとも言えるわけです。

一塁あや乃さんのプロフィールを見ても、専門学校で歌手としてのスキルを磨いていたというのが、今風だと思います。まあ、ゴスペルを専攻していたので本来は教会で歌うジャンルの音楽です。

まあ、天使にラブソングをという映画の中で沢山歌われていたり、アカペラコーラスなどをやって居る人は、ゴスペルという音楽と密接な関係にあるため知っているという人もいるかもしれません。

ソウルミュージックという部分ではゴスペルも演歌も同じでは無いかと考えます。演歌も日本の魂を歌うジャンルであり、ゴスペルも本来は賛美歌を歌う物強いて言えば神のための歌ある意味魂を込めて歌うという事は変わりありません。

今後どの程度今まで学んだ事が活かせるのか?また、所属事務所がどれ位売り出してくれるかにより、演歌歌手人生が大きく変わってきます。

👉〔amazon〕一塁あや乃のCDはこちら。

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)