気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手三笠優子の現在の活動。年齢は?病気の噂は?「夫婦舟」の誕生秘話は?

出典:[amazon]三笠優子 ベストセレクション 2019

スポンサーリンク

歌手三笠優子さんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 三笠優子(本名 山本 八重子)
  • 生年月日 1949年3月10日
  • 出身地 愛媛県 宇和島市
  • カテゴリー 歌手、浪曲師
  • 活動開始 1977年
  • 所属事務所 三笠優子 事務所
  • 所属レコード会社 キングレコード

現在の活動。年齢は?病気の噂は?「夫婦舟」の誕生秘話は?

現在も活動を継続しています。まず、新・BS日本のうたに出演しましたが、放送日は未定です。また、新曲発売の予定もあります。一部で2020年6月24日に発売予定となっているようですが、ガセネタです。

正しくは11月末の発売の予定でタイトルも未定という状況下である事は間違いありません。新型コロナウイルスの状況で遅延したと考えて良いでしょう?気の早いレコード屋がリリース情報を貰った時点でプロモーションしてしまったのかもしれません。

実質タイトルやレコーディングスケジュールなど決定していないようです。詳細はオフィシャルブログにて発表されるはずです。今後オフィシャルブログでの発表を待つことにしましょう。

年齢については、71歳 1949年3月10日です。オフィシャルブログにも書かれているのですが、最近もあまり体調は良くないみたいです。年齢については年相応の歳のとり方をされているようです。

三笠優子さんには病気の噂があります。それは2013年6月に肝機能障害を引き起こし緊急入院した事があり、そこから病気の噂があるのだと思います。現在も体調が良くないとは本人がオフィシャルブログで書いています。

この他にうつ病を患っていますが、現在は安定しているようです。いつの日かまたぶり返すこともあり得ますが、それはいつになるか解りません。今後、芸能活動に差し支えなければ特に問題ありません。

スポンサーリンク

しかし、新しい病気を患ったという話はありませんし現在も仕事をしている状況を考えるとそこまで体調は悪くないと考えて良さそうです。ここからは三笠優子さんの楽曲「夫婦舟」について書いて行きます。

1979年12月16日に発売した楽曲で、作詞 荒川利夫 作曲 聖川湧 編曲 池多孝春のトリオで作られており、オリコンでは週間25位でしたが実に3年間に渡るロングヒットを記録して累積セールスはミリオンセラーを記録しています。

この後夫婦と付いた楽曲を3作リリースしています。一作当たったので夫婦系で統一して歌を制作しようと目論んだと考えられますが、『夫婦船』を超える売上は出なかったようです。

まとめ

今回は三笠優子さんを掘り下げてきましたが、現在も元気に活動されている事が解りました。オフィシャルブログを運営されており、しっかりと更新が行われており活動状況を見る事が出来ました。それによると現在も元気に活動されており新曲もリリースされそうです。

大抵ベテランの演歌歌手や芸能人の人はオフィシャルサイト等を立ち上げているのですが更新が出来ていない物が多くてそのまま放置されている物も多いのは事実です。スタッフが居なくてITにも疎いので自分では無理という事があるのかもしれません。

そのため大抵調べようとするとどうなっているのか解らないと言うのが殆どです。それを考えると三笠優子さんは相当頑張っていると思います。仕事が出来る程度に体が元気というので現在病気を患っていることは無さそうです。

今後の活動に関しては、体が元気であれば歌手活動を続けることが出来るので、今後も歌い続けてほしいものです。また、歌手としてはレコード会社移籍を経験していますが、これは三笠優子さんが悪いわけではなく演歌部門が廃止されたための移籍で現在はキングレコードに在籍しています。

また、私生活についてもデビュー前から結婚しており、当時の事務所の社長から結婚していることを口止めされたために一応独身という売りだったという事ですが、実際は結婚もして子供が3人いたという事です。

芸能人は結構結婚していても隠す人は多いです。本人の意思では無くて事務所の意向という事が多いです。

👉〔amazon〕三笠優子のCDはこちら。

関連記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)