気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手山口かおるのプロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

出典:[amazon]うぬぼれて/恋はフィーリング/山王の夜

スポンサーリンク

演歌歌手の山口かおるさんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 芸名 山口かおる(本名 青木香織)
  • 生年月日 7月5日
  • 出身地 東京都 葛飾区
  • カテゴリー 演歌歌手
  • 所属レコード会社 日本クラウン
  • 所属事務所 K&A株式会社

プロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

自分にしか歌えない歌を歌える歌手になりたいという事を念頭に置いて、第1回産経カラオケ大賞の決勝大会で優秀賞を受賞、その後はNHKのど自慢コンクールでチャンピオン大会に出場しました。

その時に日本コロムビアからスカウトを受け、デビュー前に作曲家聖川湧さんにレッスンを受けて青木香織の名前で一度デビューを果たしています。4曲をリリースしておりデビュー当日の初仕事は一日警察署長という事で珍しい形でのデビューとなりました。

その後日本コロムビアのレーベルが廃止されるという事でレコード会社を移籍し、日本クラウンレコードに移籍芸名を山口かおるという芸名で再スタートを切りました。この芸名を付けたのは巨人軍の名誉終身監督の長嶋茂雄さんの命名によるものです。

2004年からこの芸名でスタートを切りました。その後毎年のようにシングルをリリースし、演歌歌手としての活動の幅を広げていきました。2011年に起きた東日本大震災のチャリティーコンサートを企画し成功させました。

翌年には山口かおるさんが校長となってカラオケ教室を立ち上げ、作詞、作曲、プロデュースをこなすマルチ演歌歌手として活動の領域を広げています。因みにペンネームは香音鈴といいます。

またディナーショーを開催した際の売上金を事務所に泥棒が入り盗まれたという過去があります。一生懸命活動しているだけなのについていないなと思うところはあります。

2019年には6月5日に新曲『うぬぼれて』、7月3日に山口かおるミュージックビデオコレクションをリリースしました。リリースラッシュが続いており芸能活動は順風満帆のようなイメージを持ちました。

年齢については生まれた日付は公表されていますが、生まれ年が公表されていません。推定では50代位では無いかとは思いますが、年齢などで自分に変な色を付けて欲しくないというのが狙いなのかもしれませんね。

結婚につきましては調べましたが、情報はありませんでした。恐らく独身の可能性もありますが既に結婚しており公表していない可能性がありますね。

スポンサーリンク

コンサート日程につきましては、昨年の12月からスケジュールが更新されていませんので、現時点でキャンペーンやコンサートの予定はありません。2019年もまだ半年あるので今後新しくスケジュールが入る可能性はあります。

https://www.kaoru-yamaguchi.com/

続いては歌手としての評判をインターネットから拾って見ました。(以下Twitterより引用)

🐲桜ん坊主 🌸

@sakuranbozu_dam

フォローする @sakuranbozu_damをフォローします

その他

🌸0112~13②素点2842~2845曲

 

  • 愛につつまれて/藤井愛
  • 愛の行方/田上敬子
  • 愛は瞳の中に/山口かおる
  • アイラブユー/加門亮

 

ハイビスカス

 

@9ejjjin0Mky7YQj

5月31日

その他

返信先: @beautyANDsnowさん

みゆきさん🙋‍♀️

楽しみにお待ちしておりました( ◠‿◠ )

山口かおるさんですね👏

最初、お聴きした時、

桂銀淑さんに、お声が

似ていて驚きましたね😱

新曲も聴けて嬉しいです💕

覚えたい歌が目白押しに

なりました❣️

みゆきさん、栄子様

今夜もお疲れ様でした💐

カラオケファンと山口かおるさんの歌声を待ちわびている人が多いということがわかりましたね。今後も何かしらのアクションを起こせばまた応援ツイートが増えてくることが期待されますね。

 

まとめ

今回は山口かおるさんを掘り下げてきましたが、自分で作詞作曲プロデュースを行うような活動を始めたのは良いことだと思いますね。自分の歌声の良いところを知っているので他の先生に書いて貰うよりは良いかもしれませんね。

また、芸名については改名して成功したという事は言えますね。名付け親が長嶋茂雄さんというのはものすごい大きいネームバリューがあると思いますし、ファンの人に名前を覚えて貰うには好都合ですね。

👉〔amazon〕山口かおるのCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)