気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手 青木美保のプロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

出典:[amazon]青木美保全曲集2019

スポンサーリンク

演歌歌手の青木美保さんを色々な角度から掘り下げて行きます。

プロフィール

  • 氏名 青木美保
  • 生年月日 1966年10月13日
  • 活動開始 1982年
  • 出身地 熊本県
  • カテゴリー 演歌歌手
  • 所属事務所 アクアプロモーション
  • 所属レコード会社 キングレコード

プロフィール。年齢は?結婚してる?コンサートや歌手としての評判は?

演歌歌手になる方法が少し変わっている方で、最初は五木ひろしさんのファンとしてファンクラブに入っており、芸能人を応援する側でしたがファンクラブでカラオケ大会があり、その際に歌が上手かったので五木ひろしさんにスカウトを受けて演歌歌手になりました。

その後2年間にわたりレッスンを受け1984年に『人生三昧』でデビューを果たしました。
1980年代は作曲に五木ひろしさんや堀内孝雄さんを起用するなどしてスマッシュヒットを記録するなど歌手活動は順風満帆でした。

1992年に島倉千代子さんの事務所に移籍して、新たに芸能活動をスタートさせました。ドラマ出演なども経験しましたが、その後八代亜紀さんの事務所に移籍演歌歌手として順風満帆と思える活動はしていましたが、2000年に突発性痙攣性発生障害を発症しました。

この病気は原因は不明で心因性のストレスで突然声が出なくなる病気だそうで、左右の声帯が閉まり過ぎて息を吐くことは愚か声が出にくくなる病気です。治療法としてはボツリヌスキトシンという物で、蜂蜜の中に入っているボツリヌス菌と同じ毒素のひとつです。しかし蜂蜜は大人が食べても体調的には問題はありません。

しかし赤ちゃんなどが食べてしまうと体調を崩す可能性があります。

これを使って閉まりすぎている筋肉を解して声を出しやすくする治療法やのど仏を切開して閉まりすぎない治療法があるようです。この治療のため演歌歌手としての活動を9年間休業しました。

スポンサーリンク

また、その間にご両親が経営していた会社が倒産、後に触れる最愛の人の死があり精神的にもかなり参っていたことだと言う事が推察されます。2009年から新たにアクアプロモーションに移籍し芸能活動を再開させたところです。

復帰から10年経ちましたが現在のところ、病気の方は再発しておらず演歌歌手としての活動を継続しています。2019年4月10日に『青木美保 ベストセレクション 2019』をリリースしました。

年齢については、52歳となりました。見た目よりは若く見えますね。演歌歌手としてはやっと中堅ぐらいでしょうか?まだまだ先輩歌手が男女とも沢山いますからね。今後の活動が楽しみではあります。

結婚については、一般人の方と結婚していましたが他界されてしまい現在は独身のようです。演歌歌手としての活動の中でいつ結婚したのかは解りません。というのも結婚の報道についてはインターネット上で調べましたが記事がありませんでした。

コンサートについては、レコード会社、所属事務所、チケット販売サイトを確認しましたが、現在のところ予定はありません。今後の歌手活動の状況によっては追加で日程が発表される可能性はあります。

続いては歌手としての評判をインターネット上から検索しましたが、ファンのツイートが見当たりませんでした。今後本人がブレイクするとそれと比例してインターネット上でもツイートが増えていくような気もします。

まあ得てして演歌歌手のファンの人はソーシャルメディア系の投稿にあまり強くない人が多いのでこれも仕方の無いことなのかもしれません。

まとめ

今回は演歌歌手の青木美保さんを色々な角度から掘り下げていきましたが、かなりの苦労を積み重ねて演歌歌手として活動をしてきたことが解りますね。9年間の活動休止はかなり痛いですし、ファンの方も一時離れてしまったのかもしれません。

しかしながら、デビューしてからは人脈に恵まれたようで、一般人から見ると著名人から楽曲提供を受け事務所にも入れて貰い歌手活動を続けてきたことは解ります。今後については自分のペースで活動を継続していく事と思います。

今後の活動状況、プロモーション状況など優しく見守るような形で見ていくと良いのかもしれません。

👉〔amazon〕青木美保のCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)