気になる演歌歌手や曲の魅力を紹介するサイト。

演歌歌手ファン・カヒのプロフィール。結婚してる?年齢は?スケジュールや歌手としての評判は?

出典:[amazon]泣かせてトーキョー/大阪レイン

スポンサーリンク

韓国人歌手のファン・カヒさんを色々な角度から掘り下げていきます。

プロフィール

  • 本名 ファン・カヒ
  • 出身地 韓国 フサン
  • カテゴリー 演歌歌手
  • 活動開始 2011年
  • 所属レコード会社 日本クラウン

プロフィール。結婚してる?年齢は?スケジュールや歌手としての評判は?

幼少期は韓国で育ち、韓国民謡などを歌唱して育ちました。相当歌い込んだようで今の歌唱力のベースを作りました。2011年に韓国でファーストアルバムをリリース『タンシナ(あなた)』と言うタイトルでした。

このアルバムプロモーションのために訪れた日本で、演歌を知り2012年に日本に移り住んで活動を開始しました。その後日本で西あつしさんのプロデュースを受けて、2016年11月に2016年11月jealousy(ジェラシー)/I love youを聞かせてをリリースしました。

その後、プロデュースを受けた西つよしさんの正式な内弟子となりました。また、来日当初は関西での活動が主でしたが、活動拠点を関東に移し現在に至っています。現在までにシングル3枚をリリースしました。

リリース状況は2020年1月8日に『メランコリーに抱かれて』をリリースすることが決定しています。日本ではアルバムリリースはまだですが、このペースで行くとそのうちアルバムや全曲集リリースも時間の問題ですね。

結婚については、公表されていません。まあ、韓国で既に結婚していても可笑しくはありませんが、現在のところ詳細情報はありません。今後ブレイクするとその辺の情報はオープンになります。

年齢についても非公表となっています。年齢が解ることで変なイメージが付くことを恐れている可能性もありますよね。こちらもブレイクすると何処かのスポーツ新聞などがしれっと書く可能性があります。

スケジュールについては以下の通りで発表されています。(https://www.hwan-gkahee.com/5-2より引用)

2020年1月19日(日)

​「HANZO 煌ライブ」

場所 スパリゾート雄琴あがりゃんせ

開演10:30

冒頭に触れましたが来年新曲リリースを控えており、生で披露するチャンスであり初歌唱となる可能性がありますので、ファンの人はとても楽しみにしている人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

また、他のスケジュールも追加される可能性もありますので、今後の動きがとても楽しみではありますね。

続いては歌手としての評判をインターネットから拾って見ました。(以下Twitterより引用)

しのちゃん

@NANNOGENJI

8月13日

おとついのイベントで水沢さんとご一緒された、ファン・カヒさんもブログでアップされておられるのでシェアさせていただきました😊

ファンさんの立ち位置がちょうどよかったのか自分は隠れていたのでよかったです(笑)😅

かずみぱく

@ttnk1o6KyHXygKW

2018年7月3日

@kaheegood

ファンカヒさん

今日は👋😃私は札幌の音楽処にファンカヒさんが来られた時 優しくハグしてサインと ツーショットも写しました

其から貴方の歌が大好きになりジェラシーとアイラブユーを聞かせてをカラオケで

必ず歌います応援してます😍💕💝💪って下さい😍

ファンサービスもきっちりしたようで、Twitter上は相当評判が良いですね。今後リリースアクションが起きれば、ツイートも変化してくることは間違いありません。今後の活動状況がとても楽しみですね。

まとめ

今回は、ファン・カヒさんを色々な角度から掘り下げてきましたが色々とシークレットにしている部分が多く、今後ブレイクすれば韓国時代の詳細部分や日本でどの様な生活をしているかなど話をしないとならなくなります。

バラエティー番組などに出る場合、ある程度のネタを取材しないと番組にするには尺が足りないことになりますからね。だからこそシークレットにしている部分をオープンにしないと持たない感じはありますね。

韓国人歌手だと、日本ではチョーヨンピル、キムヨンジャ、桂銀淑、等が有名ですが一時的に売れるのですが長期間ブレイクしている人が少ないイメージがありますね。それと国と国の関係が時折悪化してしまうので活動計画を立ててもイマイチ上手くいかなくなるのです。

これだけ政治と芸能が思い切り絡み合ってしまうと、中々正常化するまで時間が必要となります。現在もあまり良い状況下ではありませんから活動状況は難しいと思われますね。政治家同士が啀み合っていますが、芸能人同士は正直融合したいと考えているはずです。

👉〔amazon〕ファン・カヒのCDはこちら。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)